カーテンの取付が不安な方

カーテンをご自分で取り付けようとお考えの方に、アドバイスさせて頂きます。

状況に応じて取り付け方は千差万別

2013-04-11_22-14-38カーテンの採寸について、前段で懇切丁寧にご説明いたしましたが、採寸の延長線上にあるのが取り付けです。カーテン、シェード、ブラインド、ロールスクリーンなどを、ご自分で取り付けようとしている方、そして取り付けが不安な方のために、少々アドバイスいたします。

私どもプラージュにも、ときおり「カーテンを自分で取り付けたい」というご相談の電話が掛かってきます。そのとき、電話をお受けしたスタッフは「ちょっとお待ちください!」と反応せざるを得ないことになります。ご相談者が、カーテンを簡単に窓に取り付けられる、どの壁にも取り付けできる、と思い込んでいらっしゃるからです。

 

カーテン=素人でも簡単に取り付けられる
これは、大きな誤解で、間違いです。
実は、取り付けにもスキルとノウハウとテクニックが必要なのです。

 

実際に、新築戸建、建売戸建、リフォーム、マンションなど、それぞれの建物の構造や窓の状況、家具の置き方などで、カーテンレール、横型ブラインド、縦型ブラインド、ロールスクリーン、ウッドブラインド等の取付け方は異なります。

ここで詳細をご説明しようとしても、ケース・バイ・ケースで千差万別になり、とても説明しきれません。いつまでも安心してお使い頂く為にプラージュにご相談下さい。

プロの取付安心施工をご覧ください。

下記をクリック!

 

プラージュでカーテンをご用命いただいたお客様には、スタッフがご自宅にお伺いし、最も取付けに合った収まりを検討し、真心こめてご提案しております。

お電話でのご相談の前は必ずこちらをクリックしてください。

Permanent link to this article: http://curtain-plage.co.jp/toritsuke/